フライタイイング の基礎

クイルウィングの巻き方その③フラットウィング

3つ有る巻き方で実は1番難しいと思う巻き方。順巻きで取り付ける方と、スレッドを逆回転させる巻き方がある。ここではスレッドを逆回転の方法と、苦肉の策のもう一つの、方法を試してみた
フライタイイング の基礎

クイルウィングの巻き方その② セミフラット

ウェットフライのウィングはアップライト、セミフラット、フラットと大きく分けて3種類ある。今回はセミフラットの巻き方。ふくらみのあるウイングが巻けると、フライに生命感が宿って、かっこいい!
フライタイイング の基礎

クイルウィングの巻き方補足

クイルウィングの角度をある程度コントロールるすための方法として補足。
フライタイイング の基礎

クイルウィングの巻き方その①

ウェットフライを巻き始めると誰もがぶつかる関門。ここで躓く人も多いはず。感覚的な事が多いので説明も難しくて教えてと言われてもコツを伝えてずらいのも難しさの要因だとおもう。基本的には数を巻くしか無いと思うが、少しでも参考になるように。
チューブフライ

Thunder&Lightning

名前のカッコよさに前々から巻いてみたかったフライ。色んなタイプに巻かれるが、今回はチューブフライ。ウィングはバックテールの指定だったけど、ヒグマの毛に変更。ピカピカっと金色に反射する効果が、このフライの名前のイメージに合いそうだったから。
チューブフライ

鮎のつもりチューブフライ

夏の本流で、鮎を追いかけてるトラウトを釣りたくて、巻いてみたチューブフライ。自分でも半信半疑で瀬の中に流してみたらいきなり引ったくられた!完全に油断してたので、全く対応出来ないまま、すっぽ抜けた。がっかりだけど、改良しながらしばらく使ってみようと思う。
ウェットフライ

フリールズ・ファンシー

ギニアクイルは釣れるらしい。ネットでそんな記事を読んだので、試してみたら本当に釣れた!
ドライフライ

モンカゲ風スペントフライ

チューブフライ

レオンとヒグマのチューブフライその②

水圧で潰れないように、ヒグマのアンダーファーでフロントショルダーを巻いて見た。後ろのレオンハックルはもう少し間引いた方がいいかも。ニジマスはオレンジが好きだと勝手に思っているので、テールに派手なオレンジのフラッターレッグを付けてみた。
チューブフライ

レオンとヒグマのチューブフライその①

レオンのガラス質なきらめきとヒグマの金属質な細かいきらめきで魚を誘って欲しいなと思って巻いた妄想のチューブフライ。
ウェットフライ

ダークムーン

一度巻いてみたかったフライ。マコーのホーンがあるだけでなんとなくサーモンフライの雰囲気。ウェットフライ並の手軽さのドレッシング。本来ならブラックのヘンハックルなんだけど、無かったのでヘンレオンのハックルを代用した。
チューブフライ

ローズマリーとディスク

スクイッドパターンで有名なローズマリー。アメマスに効きそうなので、良く使っている。最近ディスクが無いと釣れる気がしなくなってしまったので、当然こうなった。
ウェットフライ

ブラックキング

スペイフライの定番フライ。だけど増水時に川底付近を流すと効いた事があった。ヒゲナガのラーバにマッチするのかなも。ブロンズマラードを上手く留められた時の満足感でも満たされるフライ。
ドライフライ

スケーティングマシュマロピューパ

マシュマロピューパにガーグラヘッドを持たせて、より引き波が出るようにしたパターン。 ノーマルのマシュマロピューパでも充分効果はあるけれど、さらに引き波を強調したくて巻いてみた。
ウェットフライ

オーストリッチとパートリッジ

ソフトハックルフライのバリエーション。オーストリッチボディのフライはそれだけでも釣れる。それにパートリッジを巻いただけの簡単なフライ。これで無ければ釣れないとう状況は無いと思うけど、何を投げても釣れない時に試してみるようなパターン。
ウェットフライ

オーストリッチとソフトハックル

ソフトハックルフライのバリェーションとして。
ウェットフライ

オレンジ&パートリッジ

昔からあるシンプル過ぎるソフトハックルフライ。タイイング も簡単。
チューブフライ

フェザーウィングのチューブフライ

フェザーウィングを巻いたついでに思い付いて巻いた妄想フライの一つ。レオンのオーバーウィングも中々いい雰囲気だけど、ラクーンのファーをツイストしたショルダーがお気に入り。
タイトルとURLをコピーしました